スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【年末調整】2ヶ所から給与を受け取るサラリーマン

こんにちは。税理士の山口です。
(→【税理士】山口の紹介

ブログの更新に2ヶ月近い間が空いてしまい、申し訳ありませんでした。
決してネタ切れで嫌になったわけではありませんよ!(・・・多分。)
有り難いことに仕事が忙しくて、「あれ?先々週、お盆じゃなかった?」くらいの感覚になってました。
そうです、ふと気付けばもうすぐ年末です…。

と、ゆーことで、今回は、サラリーマンの【年末調整】のお話。

お、ネクタイを締めたスーツ姿の男性が近づいてきました。

「あのー、会社で年末調整ってしてもらえますよね?」

はい、してもらえます。

「どっちの会社でしてもらえばいいですか?」

・・・ん?

「あ、実は、今勤めている会社の他に、違う会社でバイトをしてて、そこの社長に『年末調整する?』って聞かれたんですけれど。」

年末調整あるある”第一弾。
二箇所から給与を併行してもらっている場合の税金の取り扱いです。

年末調整は、主たる勤務先一筋のサラリーマンを前提とした制度です。
そのため、浮気心のある人は、年末調整だけでは不十分。
二箇所から給与を併行してもらっている場合は、自分で確定申告をしなくてはなりません。

・・・でも、ちょっとくらい浮気したくなるときだってありますよね?
どのくらいの浮気なら許してくれます?
人間の場合は伴侶の度量に拠りますが、税法は年間20万円を超えると許してくれません。
ほんの出来心の月1万円のバイトくらいでしたら、確定申告は目を瞑ってくれます。
(確定申告は不要ですので、主たる勤務先の年末調整で、ハイ終わりです。)

それでは、二箇所の会社から「年末調整する?」と聞かれたらどうするべきか?
答えは、主たる勤務先で年末調整を行います。
主たる勤務先へは毎年「扶養控除申告書」を提出しているはずです。
この申告書の提出を受けた会社は、年末調整をする義務があります。
そのため、仮に確定申告をする必要があっても、年末調整はしてもらわないといけないのです。

「扶養控除申告書を提出しないで、年末調整の辞退はできないの?」

扶養控除申告書を提出していないと、毎月のお給与から天引きされる源泉所得税の税率が、低いもの(甲欄)からドカンと高いもの(乙欄)になります。
手取りが減るの嫌でしょ?

この扶養控除申告書は、1社にしか提出できませんので、バイト先は乙欄で取られているはずです。

主たる勤務先・・・「扶養控除申告書」の提出→「甲欄」徴収→年末調整される。
バイト先・・・「扶養控除申告書」の提出不可→「乙欄」徴収→年末調整されない。

年末調整されていないものがあるから、確定申告

こんなイメージです。

「確定申告メンドクセーなぁ。」

いえいえ、乙欄徴収の場合には、高い税率で源泉徴収がされていますので、確定申告をすると税金が戻ってくるかもしれませんよ。
人生、悪いことばかりではありません。

サラリーマンの方は、会社から詳しい説明を受けずにこういった書類を渡されることが多いため、「なぜ?」を知らない方は非常に多いです。
今年度の年末調整は「なぜ?」を分かった上で受けてみたらいかがでしょうか?
知らなきゃ損して、知ってりゃ得する税金のお話。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】
スポンサーサイト

【確定申告】アフィリエイトの収入にかかる税金は?

<今回のテーマの関連記事>
【確定申告】サラリーマンも確定申告?


こんにちは。税理士の山口です。
(→【税理士】山口の紹介

今回は、サラリーマンの方も多くやっている、アフィリエイト収入の税金の取り扱いのお話。

ところで・・・

アフィリエイトって何?

・・・って方も中にはいらっしゃるかもしれません。

例えば、どこかのブログを読んでいると、画面の上方部やサイド部分に、ファッションやダイエットサプリなど、広告が貼られているときがありますよね。
皆さんも、広告の文言や画像に惹かれて、思わずクリックしてしまったこともあるのではないでしょうか?
(私はすぐ釣られてクリックします。)

実は、ブログ主は広告主との契約により、広告をブログの読者がクリックする度に、ブログ主は数円からの報酬を得ることができます。(更に購入に至れば、もっと高額な報酬となります。)
ブログ主は成果報酬のためアクセス数の増加に励み、広告主はアクセス数の増加により自社の製品をより広く宣伝することができる・・・ほんと上手く出来ていますよね~。
おこづかい程度の副業でやられている方も多いですが、これも人気ブログになると月に数十万円から数百万円の報酬にもなりますから、脱サラしてアフィリエイト収入だけで生計を立てることも可能です。

さて、儲けたら必ずついて回るのが、当然、税金
サラリーマンの方が副業としてやられている場合、アフィリエイト収入が年間20万円を超えるときは、【確定申告】をしなくてはなりません。(20万円以下なら確定申告は不要です。)

それでは、この場合のアフリエイト収入、「何所得」に該当するでしょうか?
これは、基本的には【雑所得】として申告します。

サラリーマンの節税テクニックとして、月に数千円程度の副業収入も、【雑所得】ではなくて、【事業所得】として申告した方が節税できるって聞いたのだけど・・・。

ひょっとすると節税の本やサイトでこのような記事を目にしたことがあるのではないでしょうか?

実は、【事業所得】は赤字が出た場合に、【給与所得】と相殺することができます。
(これを【損益通算】といいます。)

仮に、給与300万円、アフィリエイトの経費をたくさん計上した事業所得が-50万円であるならば・・・
300万円 - 50万円 = 250万円 に対して税金が課されるため、節税となるのです。

しかし、私は正直、オススメしません。

事業所得と呼ぶからには、それ相応の客観性が必要だからです。
このことは、事業所得が『自己の計算と危険において独立して営まれ、営利性、有償性を有し、かつ、反復継続して遂行する意思と社会的地位とが客観的に認められる業務から生ずる所得』であると、最高裁で判決(昭和56年)が出ていることからも明らかです。

少なくとも月に3~4万円くらいの収入(年間38万円の基礎控除を超えるくらいの収入)が無ければ、客観的に事業として行っているとは考えにくいのではないでしょうかね。

それに、平成25年2月、こうした「損益通算を用いて税金を減らすことができる」と指南したコンサルタントが、脱税教唆の容疑で逮捕されました。適正な所得区分に基づく損益通算でなければ、脱税になるよっていう見せしめですね、こりゃ。

こうした客観的ハードルを突破して、事業として今後もアフィリエイトをやっていきたい方は、【事業所得】として申告をしましょう。
(事業所得の経費の考え方は、こちらの記事もご参考になさって下さい。)

お手軽に誰でも始められる副業として、アフィリエイトは大変な人気です。
アフィリエイトはそのお手軽さから税金の取り扱いが軽視され、知らずに脱税をしているケースが多々あります。
稼ぐ方法を知っていても、税金の取り扱いを知らない方は多いですからね。

手前味噌で恐縮ですが、当事務所のホームページ【山口税理士事務所:ネットビジネスの税金】に、その危険性を記載してありますので、是非、ご覧になって下さい。

皆さんは、「がっぽり稼いで、しっかり納税」の2ステップを忘れないようにしましょう。
知らなきゃ損して、知ってりゃ得する税金のお話。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】

【収入と所得】合コンで年収を聞くときの心構え。

<今回のテーマの関連記事>
【必要経費①】マンガ代も経費?
【必要経費②】まさかデート代も経費に?


こんにちは。税理士の山口です。
(→【税理士】山口の紹介

さて、今日は税金で損をしない話ではなく、合コンで損をしない話。
(サラリーマンと個人事業主が互いを分かり合える内容です)

お金大好きA子さん(29歳)は、「年収1,000万円以上の男性が来る」という会社の同期の甘いお誘いで、合コンに参加しました。

男性陣はみんな30代半ばでルックスも性格も悪くないです。
こうなると決め手は経済力です。

A子さん「…ところで皆さん、年収はいくらですか?」

B男さん「大手広告代理店の勤務ですが、1,000万円です。」

C男さん「勤務医ですが、1,200万円です。」

D男さん「IT関連の個人事業主ですが、2,000万円です。」

A子さんは男性それぞれが持参してきた【確定申告書】の【収入金額】の欄をサッと確認しました。

A子さん「・・・間違いない。」

A子さんは一番収入の高い個人事業主のD男さんと付き合うことにしました。
そしてA子さんは付き合って初めて、D男さんがお金持ちではないことに気付きました。

どういうことでしょうか?

実は、サラリーマンと個人事業主は、【確定申告書】に記載する【収入金額】の欄は同じでも、【収入】が何を指しているのか異なるのです。

簡単に言えば、サラリーマンの収入は給与額面金額ですが、個人事業主の収入は売上金額を指しているのです。

そしてポイントはここ。
サラリーマンは、額面から【社会保険料】と【源泉所得税】を差し引いた残額が自由に使える「手取り」となりますが、個人事業主は売上から【経費(仕入代・人件費・家賃・水道光熱費・ガソリン代など)】を引いた残額が自由に使える「手取り」となります。

「収入」と「手取り」を分かりやすい例で示すと、先程のD男さんはこんな事業主だったのです。

売上2,000万円-人件費1,500万円(従業員5人)-事務所家賃150万円-水道光熱費50万円=300万円

年収2,000万円なのに、自由に使えるお金は300万円です。
(更にその300万円から国保や年金を払うことになります。)

今回は極端な例ですが、D男さんが経費の全くかからない事業主でしたら、B男さんやC男さんよりもずっとお金持ちの可能性もあったのです。(今回はA子さんの見極めが甘かっただけですね。)

サラリーマン(給与所得者)と個人事業主(事業所得者)の収入が違う土俵だと分かりましたでしょうか?

女性の皆さん、「俺、年収がン千万円の個人事業主だよ!」と口説いてくる男性がいたら、すぐに確定申告書を持って来させ、【収入金額】の欄ではなく、経費を差し引いた後の【所得金額】の欄まで確認してから誘いに応じましょう。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】

【還付申告】ん?申告期限は3月15日?

<今回のテーマの関連記事>
【所得控除】離婚するなら元旦に・・・。
【配偶者控除】奥さん、働き過ぎてもいいんですよ!
【医療費控除】 10万円の呪縛
【雑損控除】税金はツンデレ。


こんにちは。税理士の山口です。
(→【税理士】山口の紹介

ついに明日3月15日で確定申告も終わりですね。
私も無事に税務署の無料相談会を終え、ホッと胸を撫で下ろしています。

さて、今日は税務署の無料相談会で出会ったちょっと恐いお母さんのお話(サラリーマンも個人事業主も必読)。

無料相談スペースで私が待機していると、30代前半くらいのお母さんと3~4歳くらいの男の子がやってきました。
お母さんは初めての確定申告らしく大変緊張していました。
私が書き方の指導をしながら、お母さんがペンで申告書に記載を始めると、男の子が・・・

男の子「ねー、ママー、ママー!」

元気な男の子はお母さんの手を引き、かまって欲しそうでした。

男の子「ママー!何してるの?」

お母さん「・・・。」

男の子「ママー!トイレー!」

お母さん「・・・うるさい。」

男の子「ママー!飽きたー!」

お母さん「お前、うるさいんだよ!!お前のせいで確定申告が進まないんだよ!!期限に間に合わないでしょうが!!」

男の子「びえ~(ToT)」

お母さん「お前よりも確定申告の方が大切なんだよ!!!」

私「・・・(゚д゚;) 」

・・・そこまで確定申告は大切なもんじゃないよと思ってしまった私はプロ意識が低いんでしょうかね。

特に今回のケースは【還付申告】でしたので、実は全然慌てる必要はなかったのです。
【還付申告】とは、既に納めた税金が本来納めるべき税金よりも多い場合に、申告すればお金が戻ってくるというものです。例えば、年末調整後に提出していなかった生命保険の控除証明書がみつかった場合には、申告すれば税金が戻ってきます。

なぜ、今回のケースは慌てる必要がなかったのでしょうか?
実は、還付申告は3月15日を超えても、いつでも受け付けてくれるからです。しかも過去5年分まで取り戻せます。
なので、お母さんは子供を怒鳴り付けずに、後日ゆっくり申告に来ても良かったですね。

皆さんも、タンスの奥にしまって忘れ去られた医療費のレシートや生命保険の控除証明書がみつかったら、還付申告をして、ちょっとしたおこづかい稼ぎをしてみてはいかがでしょうか?
知らなきゃ損して、知ってりゃ得する節税のお話。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】

【確定申告】サラリーマンも確定申告?

<今回のテーマの関連記事>
【医療費控除】 10万円の呪縛
【住宅ローン控除】その返済ちょっと待った!!


こんにちは。

税理士の山口です。
(→【税理士】山口はこんな奴

さてさて、気付けばもう2月。

2月といえば、そう、バレンタイン所得税の確定申告です。

今年は2月18日(月)から全国一斉に所得税の確定申告の受付が始まります。

個人事業をされている方は毎年のことですので、おそらく心の準備はできていることでしょう。

よくあるのは「俺、サラリーマンだから関係ねーな。」

おや、ほんとに関係ないですか?

ネットビジネスやアルバイトの副業収入が20万円以上ある場合は確定申告しなくちゃダメですよ?

年収2000万円以上の給与をもらってたら確定申告しなくちゃダメですよ?

家や土地を売却して儲けが出ちゃったら確定申告しなくちゃダメですよ?

医療費控除や住宅ローン控除(初年度)を受けるためには、確定申告しなくちゃダメですよ?

良くも悪くも、サラリーマンにも確定申告があることをお忘れなく。

・・・。

「あれ?こういうときはどうなんだろう?」

ご相談は山口税理士事務所までお気軽にどうぞ。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。