スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【贈与税】結婚20年のプレゼント。

<今回のテーマの関連記事>
【贈与税】申告するの忘れてませんか?
【贈与税】何?妻の支えに税金だと?
【贈与税】結婚資金に贈与税?
【贈与税】友蔵、まる子の教育資金で節税するの巻。


こんにちは。税理士の山口です。
(→【税理士】山口の紹介

さて、今回は、長年連れ添っている配偶者からのプレゼントで節税のお話。
(サラリーマンも個人事業主も節税になりますよ。)

女性の皆さん、想像してみて下さい。
20回目の結婚記念日。
旦那さんが照れくさそうに、こう言います。

旦那さん「いつもありがとな。・・・おまえにプレゼントしたくて、バラの花束買ってきた。」
これ、パターン1。

旦那さん「いつもありがとな。・・・おまえにプレゼントしたくて、マンション買ってきた。」
これ、パターン2。

はい、女性陣、もらえるならば、どっちが嬉しいですか?
愛の重さはお金の桁数で実感したいですよね・・・きっと(遠くを見る目)。

それに税金も「せっかくならマンションでも買ってあげたら?」って言ってますもん。

実は、結婚生活20年以上の夫婦の場合、配偶者に対して居住用の土地・家屋・不動産の購入資金を贈与したら、購入価格2,000万円まで【贈与税】が非課税となる、【婚姻20年以上の夫婦間贈与の特例】というものがあります。

(おさらいですが、通常は、夫婦間でも110万円(基礎控除)以上の贈与をしたら、贈与税がかかるんでしたよね?)

しかも、2,000万円(非課税枠)と110万円(基礎控除)は併用できます。

仮に、5,000万円のマンションを配偶者名義で購入したら、5,000万円-2,000万円(非課税枠)-110万円(基礎控除)=2,890万円(課税価格)に贈与税が課されます。もし特例が無ければ、4,890万円(課税価格)に贈与税ですから、ものすごい節税となります。

奥さん「あなた・・・ありがとう。(よし、もらったばかりで悪いが早速売り飛ばして現金に変えよっと♪)」

これ、アウト!

奥さんとしてもちょっとアウトですが、税金的にアウトです。
あくまで、居住(具体的には翌年3月15日までに居住)が前提ですので、もらってすぐに売り飛ばしたら特例の適用はありません。

おっと、この夫婦にはまだ会話に続きがあったみたいです。

旦那さん「これでお前の住む家も決まって良かった。・・・だから、離婚しよう。」

この夫婦は20歳で結婚して、現在40歳。
どうやら旦那さんには愛人がいたようです。

奥さんはマンションを手に入れ、旦那さんは自由を手に入れました。

それから20年後・・・

旦那さん「いつもありがとな。・・・おまえにプレゼントしたくて、マンション買ってきた。」

実はこの制度、同一配偶者は一度だけですが、異なる配偶者ならば20年以上連れ添えば使えます・・・何度でも。

ちょっと怖い感じでまとめてみました。
こんなの読んだらバラの花束でいいやって気がしてきますよね(笑)
もちろん、このお話はフィクションですので、もし配偶者から不動産をプレゼントしてもらった際には、しっかり特例を利用して、がっつり節税しましょう。
知らなきゃ損して、知ってりゃ得する節税のお話。

佐野、栃木、宇都宮、小山、足利、鹿沼対応の【山口税理士事務所】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。